敏感肌と月経にはどんな身体の関係があるのか?

生理中は肌荒れが酷くなったり、乾燥しやすくなったりと肌にもトラブルを起こしがちです。 特に敏感肌の場合、この症状が顕著に現れ頭を悩ます人も少なくありません。 月経中の体の中には、どんな変化が起こっているのでしょうか? ・月経とストレスは密接な関係にある 生理は、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンから成り立っています。 エストロゲンは美髪や美肌の役割を持ち、プロゲステロンは肌に潤いを与える成分を作る役割を持っています。 この2つのバランスが崩れると生理が起き、肌荒れの原因となるのです。 生理が始まるとホルモンの量が減少し、生理が終わるまでカサつきがちな肌になります。 月経が終わって排卵まではエストロゲンが増加するため、肌の調子が戻ります。 排卵が終わると肌の状態は安定しますが、生理の一週間前になるとプロゲステロンが増えるため皮脂の分泌が増えます。 生理一週間前から、生理が始まるまでこの状態が続き、中にはシミや赤みなどを引き起こす人もいます。 ホルモンの量によって肌の状態も変わるため、生理中に肌荒れを起こすことが多くなるのです。 ・周期に合ったケアで肌荒れを防ごう これらを防ぐためには、月経期の肌ケアをきちんと行う必要があります。 普段毛穴パックやピーリングをしている人は、生理中に行うと悪化する可能性があるのでやめてください。 体が冷えると血行が悪くなり、顔がくすむ原因にもなるので、生理中は温かいものを食べるなどして体内を温めておきましょう。 体内に皮脂が多くなると毛穴が詰まってニキビが出来やすくなります。 脂っぽい食べ物を控えて皮脂の量を調節することも大切です。 生理の一週間前は、女性にとってとてもデリケートな時期なので食べ物や生活習慣には特に気をつけます。 エストロゲンが増えると体内の水分は多くなり、むくみがちな体質になるためお酒は控えるようにしましょう。 この時期は最もバリア機能が低下するので、紫外線対策もしっかりと行います。 ホルモンの乱れで自律神経が崩れ、ストレスを溜めやすいのもこの時期の特徴です。 過度なストレスはお肌にも悪影響なので、自分なりの発散方法を見つけてストレスを溜めないようにしましょう。 食べ物に気をつけたり刺激のあるスキンケアを避けたりするだけでも、生理中の肌荒れを予防することが可能です。 自分の周期と肌の状態をしっかり把握して、上記のことに気をつけてみてくださいね。

関連ページ

基礎化粧品を敏感肌の人が購入するときに気を付けるもの
敏感肌につける基礎化粧品はどんなものが適しているのでしょうか。おすすめの成分と選び方のコツを紹介します
食べ物から敏感肌のケアをするためのお勧め食材
敏感肌&いちご鼻に悩んでいる方へ!肌に優しい洗顔料オススメランキング。敏感肌でいちご肌に悩んでいた私はオイルクレンジングをやめて石けん洗顔に替えていちご肌が解消しました!おすすめの洗顔石けんと口コミ・評価をまとめて紹介しています
敏感肌とはどんなお肌に細分化されるのか?
敏感肌&いちご鼻に悩んでいる方へ!肌に優しい洗顔料オススメランキング。敏感肌でいちご肌に悩んでいた私はオイルクレンジングをやめて石けん洗顔に替えていちご肌が解消しました!おすすめの洗顔石けんと口コミ・評価をまとめて紹介しています